メイもパックも体格的には日本人が劣等感を覚えるようなサイズではありませんが…




フェザー級の世界王者に就いた日本人は歴史上、5人だけです。

西城正三(1968−1971:WBA=防衛5)

柴田国明(1970−1972:WBC=防衛2)

越本隆志(2006:WBA=防衛0)

粟生隆寛(2009−2009:WBC=0)

長谷川穂積(2010−2011=防衛0)


21世紀になってからも3人の世界王者が誕生していますが、いずれも初防衛戦に失敗。

このクラスでまともに爪痕を残せなかった原因は、越本と粟生、フェザー級バージョンの長谷川というカードの弱さが考えられます。

全盛期の内山や三浦がこのクラスに打って出ていたら、何らかの果実をもぎ取っていた気もします。

とはいえ、そこでも「重さとレベルはほぼ比例」に矛盾する思いがむくむくと湧いてきますが…。

「内山や三浦ならフェザーでも強豪王者になるチャンスがあったかもしれないが、ジュニアライトで残した実績は再現できない」。