1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

商品説明

週末SALE ルイヴィトン エピ 長財布 ブラック M60622 メンズ 小物

週末SALE ルイヴィトン エピ 長財布 ブラック M60622

ヴィトン 財布 メンズ 長財布 エピ ポルトフォイユ・ブラザ ノワール ,中古】◎◎ LOUIS VUITTON ルイヴィトン エピ ポルトフォイユ・ブラザ ,ヴィトン 財布 メンズ 長財布 エピ ポルトフォイユ・ブラザ ノワール ,ヴィトン 財布 メンズ 長財布 エピ ポルトフォイユ・ブラザ ノワール ,20280.0000週末SALE ルイヴィトン エピ 長財布 ブラック M60622
週末SALE ルイヴィトン エピ 長財布 ブラック M60622

モデル:m63631066810-vFwB4Jrm

通常価格20280.0000円(税込)

商品説明

商品の説明商品名: ルイヴィトン エピ 長財布

管理番号: N049

購入元: 業者オークション(SBA)

サイズ: 18.2cm×9.5cm×1.7cm 素人採寸のため多少の誤差はご容赦ください。

カラー: 外側:ノワール 内側:ノワール 金具:シルバー

製造番号: 画像10参照

製造国: made in Spain

付属品: 保存袋

※必ず自己紹介文をお読みになり、ご理解頂けた方のみご購入お願い致します。

★状態

・外側 SAランク(エピ特有の型崩れあり)

・内側 Sランク(エピ特有の型崩れあり)

・小銭入れ Sランク

他サイトでも出品しておりますので突然削除する場合がございます。

ご検討中の方はお早めにお願い致します。

商品の情報
カテゴリーメンズ=>小物=>長財布
ブランドルイ ヴィトン
製品の色,
商品の状態目立った傷や汚れなし

ヴィトン 財布 メンズ 長財布 エピ ポルトフォイユ・ブラザ ノワール


ヴィトン 財布 メンズ 長財布 エピ ポルトフォイユ・ブラザ ノワール


【財布】LOUIS VUITTON ルイ ヴィトン エピ ポルトフォイユ ブラザ 2つ折長財布 ノワール 黒 ブラック M60622 【中古】【k】 | Blumin 楽天市場店


すぐ届く ルイヴィトン エピ ポルトフォイユ・ブラザ 長財布 黒 (Louis


ヴィトン 財布 メンズ 長財布 エピ ポルトフォイユ・ブラザ ノワール


ポルトフォイユ・ブラザ エピ|ルイ・ヴィトン 公式サイト - M60622


ヴィトン 財布 メンズ 長財布 エピ ポルトフォイユ・ブラザ ノワール


中古】◎◎ LOUIS VUITTON ルイヴィトン エピ ポルトフォイユ・ブラザ


【財布】LOUIS VUITTON ルイ ヴィトン エピ ポルトフォイユ ブラザ 2つ折長財布 ノワール 黒 ブラック M60622 【中古】【k】 | Blumin 楽天市場店


ヴィトン 財布 メンズ 長財布 エピ ポルトフォイユ・ブラザ ノワール


◎◎ LOUIS VUITTON ルイヴィトン エピ ポルトフォイユ・ブラザ ノワール M60622 ブラック 長財布 2つ折り Aランク


◎◎ LOUIS VUITTON ルイヴィトン エピ ポルトフォイユ・ブラザ ノワール M60622 ブラック 長財布 2つ折り Aランク


ポルトフォイユ・ブラザ エピ|ルイ・ヴィトン 公式サイト - M60622


ヴィトン 財布 メンズ 長財布 エピ ポルトフォイユ・ブラザ ノワール


ヴィトン 財布 メンズ 長財布 エピ ポルトフォイユ・ブラザ ノワール


楽天市場】【財布】LOUIS VUITTON ルイ ヴィトン エピ ポルトフォイユ


ルイ ヴィトン 財布 新作 メンズの通販|au PAY マーケット


ポルトフォイユ・ブラザ エピ|ルイ・ヴィトン 公式サイト - M60622


ポルトフォイユ・ブラザ エピ|ルイ・ヴィトン 公式サイト - M60622


ヴィトン 財布 メンズ 長財布 エピ ポルトフォイユ・ブラザ ノワール


















週末SALE ルイヴィトン エピ 長財布 ブラック M60622 メンズ 小物

院内での周術期管理を統一する際に、術前にバイアスピリンを休薬すべきか?が議論になりました。のでエビデンスを渉猟してみることに。検索式は割愛しますが、ヨウジヤマモトプールオム 99AW カギホック ウールフラノフックセットアップCore Clinical Journal+Spine+Spine Jで役立ちそうな論文をPick upします。今回はエビデンスの質はさておき、結果のまとめだけ。

①とりあえずCochrane(2018IF7.8 )2018年がありました!これで解決か?
H430 DIET BUTCHER SLIM SKIN インヒールスニーカーContinuation versus discontinuation of antiplatelet therapy for bleeding and ischaemic events in adults undergoing non-cardiac surgery.

研究疑問 :非心血管手術において、抗血小板剤は休薬すべきか?
研究の型 :Systematic Review
包含研究 :2018.1月までのRCTを検索
 腹部、泌尿器、整形、婦人科手術を対象
 5試験(3試験はon going)666人をレビュー
 休薬は術前5日間
主な結果 :休薬群を比較対照とした継続群の効果(人数は/1000人)
 30日死亡 RR 1.21 (0.34, 4.27)、+3人 (-9, +40)    
 輸血 RR 1.37 (0.83, 2.26)、+42人 (-19, +119)
 追加手術 RR 1.54 (0.31, 7.58)、+6人 (-7, +71)
 30日梗塞 RR 0.67 (0.25, 1.77)、-17人 (-39, +40) 
結論 :死亡、追加手術、梗塞は低エビデンスのレビューで差なし
 輸血は中レベルのレビューで差なし
 研究数がまだ不足しており、on going3研究の結果が待たれる

②凋落はげしいMedicine(2018年IF1.9)2018年の論文
【20%OFF】バーバリー大人気TBモノグラムロビンバッグ【早い者勝ち】Safety of continuing aspirin therapy during spinal surgery: A systematic review and meta-analysis.

 研究疑問 :脊椎手術において抗血小板剤を継続してもいいか?
研究の型 :Systematic Review?
包含研究 :観察研究含んで?4研究を包含
主な結果 休薬群を比較対照とした継続群の効果?
 出血量 -56ml (-112, -1)    
 手術時間 -19分 (-33, -4)
 輸血量  0ml (0, 0) ←効果の指標が滅茶苦茶
 心筋梗塞 OR 1.56 (0.1, 25.7)
結論 :アスピリンを継続しても出血、手術時間や輸血量は増えない 
 ←解釈も滅茶苦茶、やはり非常に怪しい論文...

③Spine J(2018IF3.2)2017年にも同じ疑問を扱ったレビューが(そんなのあり!?)
シグファイター(SS SG SG特別訓練機)Risk of aspirin continuation in spinal surgery: a systematic review and meta-analysis.

 研究疑問 :脊椎手術において抗血小板剤を継続してもいいか?
研究の型 :Systematic Review?
包含研究 :3ケースシリーズを包含
主な結果 :手術時間 継続群 202 分 (193, 210) vs 休薬群 178分 (119, 238)
 出血量 継続群 554ml (468, 640) vs 休薬群 539ml (428, 650) 
 心筋梗塞、脳梗塞、創部感染にも差なし
結論 :本研究結果では差がでなかったが、エビデンスは不足
そもそもアウトカム(血腫や梗塞)は発生が極めて少なくRCTは非現実的ですし、数施設の観察研究では検証できません。解決するには国家規模のレジストリ研究か、(研究リテラシーがある)多施設でクラスター解析するしかないでしょう。おそらく施設レベルでは血腫できたら休薬、梗塞できたら継続と方針かえるでしょうから、学会レベルで各施設の方針をアンケート調査して結論だすのも意外と真実に迫れるかも。バックグラウンドが脳外科か整形外科かで違いをみるのも面白そう。

とりあえず科内のルールは「専門家パネル」で決めるしかないですね。ちなみに抗凝固剤はどうしたらいいんだろう…HUNTER × HUNTER ハンターハンター フィギュア セットValidation of Early Warning Scores at Two Long-Term Acute Care Hospitals.

研究疑問  :急性期病院でのCPRは亜急性期病院でも使用できるか?
研究デザイン:過去起点コホート
セッティング:米亜急性期2病院(シカゴ70床、ヒンズデール90床)

P 2002年~2017年の12497入院
E 各CPR
C E以外のCPR
O 死亡もしくは急性期への転送(24<h)の予測性能
*MEWSはvital signから算出
*NEWS2はMEWSのUK改良版(重みづけの変更)
*eCARTはvital signに背景情報、血液検査値を加えて算出
*予測性能の尺度はAUC


・急性期への転送は2544件 (20%)、死亡は1006件 (8%)
・検査値の予測能が高かった
・各アウトカムのAUCは
 - 死亡 + 転送:eCART 0.72、NEWS2 0.66、MEWS 0.65 
 - 死亡:eCART 0.83、NEWS2 0.75、MEWS 0.72
 - 転送:eCART 0.67、NEWS2 0.62、MEWS 0.62 

となり、亜急性期病院ではeCARTが最も性能が高いとの結論。

<考察のまとめ>
・血液検査値が強いのは急性期ではみられなかった傾向
・本研究(亜急性期)のeCART診断性能は急性期よりやや低かったが、遜色なし
 - 亜急性期での使用で予後を改善する可能性(追証が必要だが)
・Limitationは
 - セッティングが2つだけ
 - 精神状態の記述dataが殆どない
 - 集めたdataの測定誤差
 - 比較したCPRが3つだけ

【批判的吟味】★★★
・対象者選択基準や方法の詳細がない
・アウトカムおよび他の変数測定の盲検化の記載がない
・サンプルサイズについての記載がない
・欠測やその取扱いについての記載がない
・各CPRの詳細やスコアリング手順の記載がない
・flow diagramがない
・AUC値の範囲(信頼区間)がない

と、結構ないない尽くしなので評価は星3つです。

【コメント】
あと書くだけが3つ、解析中が3つ、on goingが3つ…でも投稿中は1つだけ…〇兎を追う者は〇兎も得ずにならないようにするには一体どうすれば…

PENTAX 67 TAKUMAR 1:2.4 / 105 フード付きSelf-Assessed Kyphosis and Chewing Disorders Predict Disability and Mortality in Community-Dwelling Older Adults

研究疑問  :①脊柱後弯・咀嚼機能低下はフレイルと関連するか?
 ②脊柱後弯・咀嚼機能低下は要介護発生と関連するか?
       ③脊柱後弯・咀嚼機能低下は死亡発生と関連するか?
研究デザイン:①横断研究 
 ②③前向きコホート研究
セッティング:Kami town在住者(どこ?)
*2013年にベースライン測定、追跡は3年間

P 65歳以上の自立者 5401人
E1 後弯+咀嚼機能低下
E2    後弯 or 咀嚼機能低下
C  どちらもなし
O  フレイル / 死亡 / 要介護発生
*メールで質問、返事がない場合は訪問し5094人 (94.3%)を追跡
*基本チェックリストでフレイルを測定
*脊柱後弯/咀嚼機能低下の有無は「はい/いいえ」の2択質問
*フレイルとの関連はロジスティックモデル、
 死亡もしくは要介護はコックス比例ハザードモデルを用い年齢・性で調整


・分布はE1群 8.9%、E2群 40.3%、C群 50.8%
・3年の追跡で死亡は5.2%、要介護発生は13.9%
・C群を基準とした調整ハザード比は
 - 要介護:E1群 2.0 (1.5, 2.4)、E2群 1.3 (1.1, 1.6)
 - 死亡:E1群 2.3 (1.5, 3.3)、E2群 1.5 (1.1, 2.0)

  となり、後弯や咀嚼機能低下は死亡や要介護発生のリスクであるとの結論。

【批判的吟味】
★★★
読者に優しい研究
【コメント】
誤解を恐れず書きますと、これでIF5近くってのは夢があります!脊椎の専門誌より投稿先としては適当なのかも。頑張って研究して、このくらいの雑誌を目指したいですね。脊椎外科医にアピールするなら変にSpineとか目指すより日本の英語誌でいいかも…

週末限定価格 ワールドシャウラ BG 1954 R-3 保証書Hyperkyphosis predicts mortality independent of vertebral osteoporosis in older women.

研究疑問  :頚椎OPLL発症のリスク因子は?
研究デザイン:前向きコホート研究
セッティング:Study of Osteoporotic Fractures(米複数都市)9704人のサブグループ
*リクルートは1986-1988

P 67-93歳の女性 610人
E 脊柱後弯あり 
C 脊柱後弯なし
O 死亡発生(平均13.5年追跡)
*立位でのC7-S2カーブを標準化した方法で実測
 - 尺度はKyphosis Index(KI)
 - C7と後弯最尾側を結んだラインと、最大後弯部との距離の比×100
 - ベースラインから平均2.2年後の測定
*椎体骨折はT4-L4を画像評価
 - 再測定(平均4.2年)での新鮮骨折を評価
 - 放射線科がエラーやScheuermann病を骨折なしに再判定
*解析にはCox比例ハザードモデルを使用
 - 死亡とKIの線形性が視認できたので、KIを連続値として投入
 - 最終モデルには年齢、健康度、健康行動、腰椎DEXA、 
・年齢調整モデルでのKIハザード比 1.14 (1.02, 1.27)
・最終モデルのハザード比 1.15 (1.01, 1.30)
・新鮮骨折ある者に限定するとハザード比 1.58 (1.06, 2.35)

<考察のまとめ>
・脊椎骨粗鬆症と後弯姿勢が両方あると危険 - これらが死亡のメカニズムかもしれない
・後弯姿勢をフレイルや身体年齢の尺度に加えるといいかも
・limitationは
 - 対象が白人女性のみ
 - 骨折の判定が椎体高に依ることによる誤分類(ので骨折の既往も聴取)
 - ベースラインと後弯評価時点のズレ(でも15年でKIは6.7しか変化しない)
 - 後弯評価法は様々
・Strengthは
 - 13.5年の長期間で追跡割合95%を誇る前向き調査
 - 骨折の判定を標準化している

【批判的吟味】★★★★
飛び道具的な解析もなくシンプルで、変数の定義や測定にこだわり、前向き観察研究の王道
・主張したいのは「骨折を調整したKIの効果」?「骨折とKIの交互作用」?
・「KI+1でハザード+0.15」は直観的に理解しにくい
・KIは簡単に測れないし、臨床的意義がよくわからない
・見た目だけで「KIと死亡が線形の関連」というのはちょっと雑
・調整した変数の選択基準がよくわからない
・未測定交絡が非常に大きいことに触れていない

でしょうか。まぁ自分ならこうする!という明確な代案は出せませんし、文句は全くありません。でもこれでAIM載るって、いい時代!

【コメント】
24時間じゃ全然タリナイ…

LOUISVUITTON【ルイヴィトン】 ロザン タイガ レザービジネスバッグReducing Surgical Site Infections in Spine Tumor Surgery: A Comparison of Three Methods.

研究疑問  :①イソジン洗浄+VCM散布は脊椎腫瘍手術SSI予防に効果的か?
 ②脊椎腫瘍手術SSI発生のリスク因子の探索
研究デザイン:過去起点コホート
セッティング:米ロチェスター大学

P 2003年~2018年に脊椎腫瘍の手術を受けた151人(174手術)
E1 イソジン洗浄+VCM創内散布 60人
E2 VCM創内散布のみ 46人
C いずれもせず 45人
O SSI発生*術前後にCEP(アレルギーあればCLDM or VCM)投与
*イソジンは生食で希釈して0.3%に
*VCM粉は頚椎後方は0.5g、前方は0.1g、ほか後方は1-2g使用
*要因探索にはステップワイズ法を使用


・全体のSSI発生は15人 (9.9%)、15手術 (8.6%)
・各群のSSI発生はE1群2手術 (2.7%)、E2群6手術 (12.8%)、C群7手術 (13%)でP=0.04
・SSI発生あり/なしの群間では術前放射線治療に差あり(P=0.02)
・ほかBMIがリスク因子として抽出された

で、イソジン洗浄+VCM散布は効果的との結論。

【批判的吟味】★★
もっとも重大な適応交絡
や、15年間での治療の変遷などにも触れられていないですし、結果を鵜呑みにはできません。取ってつけたようなステップワイズもマイナスにしかならない気が…

【コメント】

2c10-9 日本画 明治時代 後藤月枝銘 掛軸 花鳥 牡丹倉庫直送週末SALE ルイヴィトン エピ 長財布 ブラック M60622