Amazon Kindle:レア★イッタラ★Oiva Toikka スオミ ベース レッド★オイバ・トイッカ知らないと恥をかく世界の大問題 学べる図解版 第4弾 池上彰が読む「イスラム」世界 (―) 楽天 Kobo:BE@RBRICK 招き猫 ペコちゃん 金運 金メッキ 1000%知らないと恥をかく世界の大問題 学べる図解版 第4弾 池上彰が読む「イスラム」世界-【電子...
おいそぎの方は、第4章「現代イスラムが抱える問題 01 フセイン政権が倒れて果たして平和は訪れたのか?」の最後に掲載されている図解をご覧ください。


まず、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教について説明しています。


(中略)ユダヤ教を「親」に持ち、キリスト教を「兄」に持つのがイスラム教と考えるとわかりやすいかもしれません。

しかし、紛争がつづいています。


中東問題(パレスチナ問題)についてはつぎのとおりです。

国際政治情勢でしばしば大きな問題となる「中東問題」。中東問題は別名「パレスチナ問題」ともいわれます。  


しかし、やがてローマ帝国によって王国が滅ぼされ、ユダヤ人たちはこの地を追い出され世界各地に離散していきます。これをディアスポラといいます。  


そもそも中東問題の種を蒔いたのはイギリスだったそうです。

そもそも中東問題の種を蒔いたのはイギリスです。  

かつてはユダヤ教徒もイスラム教徒も、比較的平和に暮らしていました。激しく対立するようになったのは第1次世界大戦後のことです。  




つぎに、9・11とイラク戦争です。



また、シリア情勢が悪化しました。



そして、ISIS(イスラム国)がでてきました。


ISIS(イスラム国)については、第4章「現代イスラムが抱える問題 01フセイン政権が倒れて果たして平和は訪れたのか?」の最後に掲載されている図解がシンボリックでわかりやすいです。

アメリカがはじめたイラク戦争と、イスラム教のスンニ派とシーア派の対立がからみあって、スンニ派の過激組織ISIS(イスラム国)が台頭してきたということです。


以上のように、本書をよめば、連日報道されているニュースがよりふかく理解できるようになります。


150126 ニュースと背景
図 背景とともにニュースをとらえる


対象を、背景と流れの中でとらえることはとても重要なことです。



▼ 関連記事売り切りますkolor カラー ジャケット世界の宗教分布を地図上でとらえる -『池上彰の宗教がわかれば世界が見える』(1)-

プラダ コレクションシューズ スパンコール迷彩 - tercertiemporugby.com.ar